MacのVirtualBoxに作った仮想マシンへローカルネットワークにあるWindows10からアクセスできるようにする

MacVirtualBoxに作った仮想マシンへホストOSから接続できるようにしたので、他のPCからもアクセスできるようにします。
ponsuke-tarou.hatenablog.com

タイトルの「ローカルネットワークにある」は今回「お家で使っているLANにつながっている」ということです。

仮想マシンのアダプダにブリッジアダプタを設定する

  1. Oracle VM Managerで仮想マシンを選択して[Network]リンクを押下します。f:id:ponsuke_tarou:20170611125439p:plain
  2. [Attached to:]で「Bridged Adapter」を選択して[OK]ボタンを押下します。f:id:ponsuke_tarou:20170611125806p:plain

CentOS固定IPアドレスになるように設定ファイルを追記する

  1. 仮想マシンを起動してログインします。
  2. 設定ファイルをviで開き設定を追加してネットワークサービスを再起動します。
$ sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0s3
<設定ファイルに追記する>
$ service network restart

f:id:ponsuke_tarou:20170611231057p:plain
内容はこちらのサイト様を参考にしました。

IPADDRには、ゲストPCに固定で割り当てたいIPアドレスを指定します。ホストPCやLAN上の他のPCとは異なる値を設定してください。<省略>
BOOTPROTOはnoneにすることで動的なIPアドレス割り当てがされないようになります。
NM_CONTROLLEDはnoにしておくことでNetworkManagerによる自動設定対象から外れるようになります。
ja.stackoverflow.com

バイスにはそれぞれ独自の設定ファイルがあるため、管理者は、各インターフェースがどう機能するか個別に制御できます。
固定 IP アドレスを使用するシステム用の ifcfg-eth0 ファイルのサンプルは以下のとおりです:
9.2. インターフェース設定ファイル

ローカルネットワークにあるWindows10からpingで確認して

ping 192.168.0.6

192.168.0.6 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.0.6 からの応答: バイト数 =32 時間 =94ms TTL=64
192.168.0.6 からの応答: バイト数 =32 時間 =100ms TTL=64
192.168.0.6 からの応答: バイト数 =32 時間 =19ms TTL=64
192.168.0.6 からの応答: バイト数 =32 時間 =34ms TTL=64

192.168.0.6 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 19ms、最大 = 100ms、平均 = 61ms

つながりました。