EclipseでMavenのプロジェクトにSpringを設定する

環境

プラグインSTSEclipseにインストールします。

  1. [Help] > [Eclipse Marketplace...]で「STS」を検索してインストールします。
    • 今回インストールしたのは、Spring Tools(aka Spring IDE and Spring Tool Suite)3.9.4.RELESE

Mavenをインストールしてプロジェクトを作成します。

ponsuke-tarou.hatenablog.com
f:id:ponsuke_tarou:20180606224640p:plain

コンパイラを設定します。

f:id:ponsuke_tarou:20180525135556p:plain

  1. プロジェクトのプロパティダイアログを開きます。(Command + I)
  2. [Java Compiler]でプロジェクト固有の設定をできるようにしてコンパイラに「1.8」を選択・再コンパイルします。([OK]ボタンを押下すると再ビルドを促すメッセージが表示されます。)

ビルド・パスを設定します。

f:id:ponsuke_tarou:20180525140708p:plain
f:id:ponsuke_tarou:20180525141110p:plain

  1. プロジェクトのプロパティダイアログを開きます。(Command + I)
  2. [Java Build Path]で[Libraris]タブを選択します。
  3. JREシステム・ライブラリー 1.5 を除去します。
  4. [Add Library...]ボタンを押下してダイアログを開き JREシステム・ライブラリー 1.8 を追加します。
  5. [OK]ボタンを押下してダイアログを閉じます。

Spring をpom.xmlに設定します。

  1. [Package Explorer]でpom.xmlを選択して開きます。

変更前のpom.xml

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>

  <groupId>com.qiita.ponsuke0531</groupId>
  <artifactId>trySpring</artifactId>
  <version>0.0.1-SNAPSHOT</version>
  <packaging>jar</packaging>

  <name>trySpring</name>
  <url>http://maven.apache.org</url>

  <properties>
    <project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding>
  </properties>

  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>junit</groupId>
      <artifactId>junit</artifactId>
      <version>3.8.1</version>
      <scope>test</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</project>

pom.xmlに依存関係を設定します。

Spring IO Platformの dependencyManagement 定義をインポートして依存ライブラリのバージョンを管理します。
  • 以下定義を project の dependencyManagement の dependencies に追記します。
<!-- https://mvnrepository.com/artifact/io.spring.platform/platform-bom -->
<dependency>
      <!-- Spring IO Platformは、Springのアプリ開発・実行で必要な各種ライブラリやサードパーティライブラリのバージョンを決定し、依存関係を解決するためのSpringサブプロジェクトです。 -->
    <groupId>io.spring.platform</groupId>
    <artifactId>platform-bom</artifactId>
    <version>2.0.8.RELEASE</version>
    <type>pom</type>
    <scope>import</scope><!-- 追記します。 -->
</dependency>
Servlet APIのjarを依存ライブラリとして指定します。
  • jarを依存ライブラリに追加すると src/main/webapp/index.jsp で発生していたエラーを解消できます。
  • 以下定義を に追記します。
<!-- https://mvnrepository.com/artifact/javax.servlet/javax.servlet-api -->
<dependency>
    <groupId>javax.servlet</groupId>
    <artifactId>javax.servlet-api</artifactId>
    <version>4.0.1</version><!-- バージョンはSpring IO Platformで管理されているバージョンが適用されるので削除します。 -->
    <scope>provided</scope>
</dependency>
JSP Standard Tag Library(JSTL)のjarを依存ライブラリとして指定します。
  • jarを依存ライブラリに追加することでJSPの実装を手助けしてくれるタグを利用できるようになります。
  • 以下定義を に追記します。
<!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.apache.taglibs/taglibs-standard-jstlel -->
<dependency>
    <groupId>org.apache.taglibs</groupId>
    <artifactId>taglibs-standard-jstlel</artifactId>
    <version>1.2.5</version><!-- バージョンはSpring IO Platformで管理されているバージョンが適用されるので削除します。 -->
</dependency>
コンパイルするソースファイルとコンパイルして出力するJavaの互換バージョンを指定します。
  • 以下定義を に追記します。
<!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.apache.maven.plugins/maven-compiler-plugin -->
<dependency><!-- <plugin>タグに変更します。 -->
    <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId><!-- 削除します。 -->
    <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
    <version>3.7.0</version><!-- バージョンはSpring IO Platformで管理されているバージョンが適用されるので削除します。 -->
       <configuration><!------ ▼追記します。 --->
              <source>1.8</source><!--- Java8を指定します。 --->
              <target>1.8</target><!--- Java8を指定します。 --->
       </configuration><!------ ▲追記します。 --->
</dependency><!-- </plugin>タグに変更します。 -->

書き終わったpom.xml

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/maven-v4_0_0.xsd">
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>
  <groupId>com.qiita.ponsuke0531</groupId>
  <artifactId>trySpring</artifactId>
  <packaging>war</packaging>
  <version>0.0.1-SNAPSHOT</version>
  <name>trySpring Maven Webapp</name>
  <url>http://maven.apache.org</url>

  <dependencyManagement>
    <dependencies>
      <!-- https://mvnrepository.com/artifact/io.spring.platform/platform-bom -->
      <dependency>
        <groupId>io.spring.platform</groupId>
        <artifactId>platform-bom</artifactId>
        <version>2.0.8.RELEASE</version>
        <type>pom</type>
        <scope>import</scope>
      </dependency>
    </dependencies>
  </dependencyManagement>

  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>junit</groupId>
      <artifactId>junit</artifactId>
      <scope>test</scope>
    </dependency>
    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/javax.servlet/javax.servlet-api -->
    <dependency>
      <groupId>javax.servlet</groupId>
      <artifactId>javax.servlet-api</artifactId>
      <scope>provided</scope>
    </dependency>
    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.apache.taglibs/taglibs-standard-jstlel -->
    <dependency>
      <groupId>org.apache.taglibs</groupId>
      <artifactId>taglibs-standard-jstlel</artifactId>
    </dependency>
  </dependencies>
  <build>
    <finalName>trySpring</finalName>
    <pluginManagement>
      <plugins>
        <!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.apache.maven.plugins/maven-compiler-plugin -->
        <plugin>
            <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
            <configuration>
              <source>1.8</source>
              <target>1.8</target>
            </configuration>
        </plugin>
      </plugins>
    </pluginManagement>
  </build>
</project>

依存関係をプロジェクトに反映します。

f:id:ponsuke_tarou:20180606234611p:plainf:id:ponsuke_tarou:20180606234717p:plain

  1. パッケージ・エクスプローラでプロジェクトを選択して右クリックします。
  2. [Maven] > [Update Project...] でダイアログを表示します。
  3. [OK]を押下します。

Web.xmlを編集します。

  1. src/main/webapp/WEB-INF/web.xml を開きます。

①変更前のweb.xml

<!DOCTYPE web-app PUBLIC
 "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
 "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd" >

<web-app>
  <display-name>Archetype Created Web Application</display-name>
</web-app>

Servlet2.3用の定義をServlet3.0用に変更します。

  1. ①の内容を②に書き換えます。

②変更後のweb.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/javaee http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_3_0.xsd"
    version="3.0">
  <jsp-config>
    <!-- JSPに関する共通的な定義. -->
    <jsp-property-group>
      <url-pattern>*.jsp</url-pattern>
      <!-- JSPファイルの文字コード指定. -->
      <page-encoding>UTF-8</page-encoding>
      <!-- 各JSPファイルの先頭にインクルードするJSPファイルの指定. -->
      <include-prelude>/WEB-INF/include.jsp</include-prelude>
    </jsp-property-group>
  </jsp-config>
</web-app>

web.xmlで指定したJSPファイルを作成して JSP Standard Tag Library(JSTL) のtaglib定義を追加します。

taglibの定義を追加することで、どのJSPからもJSTLのtaglibが利用できるようになります。

  1. web.xmlに指定した「/WEB-INF/include.jsp」のパスになるようにinclude.jspを作成します。
  2. f:id:ponsuke_tarou:20180615130103p:plainf:id:ponsuke_tarou:20180615130112p:plain
  3. 自動で色々書いてありますが、全部消して以下を記載します。
<%@ taglib prefix="c" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/core" %>
<%@ taglib prefix="fmt" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/fmt" %>
<%@ taglib prefix="fn" uri="http://java.sun.com/jsp/jstl/functions" %>
taglibって何?

こういった定義をディレクティブといいます。
JSPをどのように処理するかをサーブレットコンテナに対して指示するための要素です。
taglibディレクティブは、カスタムライブラリを使用できるようにするためのディレクティブです。

次は、Tomcatを設定します。

ponsuke-tarou.hatenablog.com

この本を読みながらやりました

www.shoeisha.co.jp